So-net無料ブログ作成
検索選択

IMTS

DSC00730.jpg
IMTS(インテリジェント・マルチモード・トランジット・システム)です。グローバルコモン4と西ゲート、企業パビリオンゾーンA、ちょっとそれて遊びと参加ゾーン間を走ってました。7月17日に撮影しました。

DSC00963.jpg
7月31日訪問時に、北ゲート駅から乗車したところです。右側の外に見えるのがリニモの高架ですよ。
nice!(0)  コメント(0) 

西ゲートからの入場

DSC01264.jpg
西ゲートからの入場ですが、9月19日訪問時です。
この日は、気合いを入れて、長久手駐車場からシャトルバスを使わずに 少しでも早く万博会場入場するために長久手駐車場から西ゲートまで歩きました。その結果がこれです。AM7:00ですが、かなりの入場待ちの列が出来ていて並び列の最後部に並んだところです。うーん この状況で ゲートオープンまで後1時間半です。

DSC01269.jpg
AM7:25ですが、ようやく列も動き始めて 大観覧車の横まで来ました。結局 すなおに長久手駐車上からシャトルバスに乗った方が早く入場できましたね。
nice!(0)  コメント(0) 

キッコロゴンドラ

DSC00122.jpg
キッコロゴンドラです。写真は、5月21日訪問時です。
キッコロゴンドラは、万博会場の企業パビリオンのゾーンとグローバルコモン4間を運行していました。あまりに疲れた歩くのがいやになったときなどに利用していました。ゴンドラからは、万博会場の風景とか行き交う人たちを見ることができてよかったですね。

DSC00239.jpg
キッコロゴンドラは、モリゾーゴンドラが無料なのに、1回600円でしたね。有料だったおかげで、乗車券が記念に残ってよかったかもです。

キッコロゴンドラ 北駅から南駅に乗ったときのどうがもどうぞ。万博会場の雰囲気がなつかしいですよ。

http://gallery.me.com/droda#100512
nice!(0)  コメント(4) 

西ゲート入場風景

DSC00066.jpg
西ゲートからの入場風景です。愛・地球博に行くときは、ほとんどが西ゲートからの入場でした。5月21日訪問時の入場風景です。
写真は、シャトルバスを降りたところです。この日は、AM11:50頃の入場ということで、人もまばらですね。正面のエスカレータを登るところです。

DSC00067.jpg
エスカレータを登ったところです。

DSC00068.jpg
ゲートを通過して入場達成。画面右のエスカレータを登れば、西エントランスですね。画面上部の楕円形を描いているところはグローバルループですよ。
nice!(0)  コメント(2) 

モリゾーゴンドラ

DSC00230.jpg
モリゾーゴンドラです。5月28日訪問時です。
モリゾーゴンドラは、長久手会場と瀬戸会場に移動に使われていました。なんと無料でしたよ。
写真は、長久手会場側のモリゾーゴンドラの乗り場からモリゾーゴンドラを撮影。ゴンドラの下の高架ははリニモが走るところです。モリゾーゴンドラは、乗ってる途中でプライバシー保護のために、しばらくの間、窓が真っ白になって外が全く見えなくなりました ちょっと 不思議でしたね。液晶の原理なんでしょうね。

DSC00233.jpg
写真は、瀬戸会場側のモリゾーゴンドラの駅 看板です。
nice!(3)  コメント(0) 

市民パビリオン

DSC00980.jpg
瀬戸会場市民パビリオンです。9月10日訪問時です。
この日は、テーマは何だったのか思い出せません。というより、朝早くからの入場なのと、入場者数が250,694人でここまで最高入場者数でへとへとで、ビールを飲みながらカレーを食べと後で、ほとんど寝ていました。
ごめんなさい。

DSC00991.jpg
市民パビリオン全体です。パビリオンの周囲に螺旋状に人が並んでいるのは、モリゾーゴンドラに乗って長久手会場に行く人たちの列です。

DSC00992.jpg
ということで、わたしもモリゾーゴンドラに乗るために並び列に加わりました。うーん しばらく乗れそうにありませんね。
nice!(0)  コメント(2) 

天水皿

DSC00993.jpg
天水皿です。9月10日訪問時です。
天水皿は、「天水皿n」(てんすいさら えぬじょう)っていうのが正式名称みたいです。
天水皿の模様は、よく見ると ひとつひとつの小さいお皿がちりばめられてひとつの大皿になってます。
天水皿は、いまでも 瀬戸万博記念公園に 現存していてみることができます。
nice!(0)  コメント(4) 

ウェルカムハウス

DSC01016.jpg
ウェルカムハウスです。8月13日訪問時です。
ウェルカムハウスは、海上の森について学べるスペースでした。茅葺き屋根の外観も心和む感じでしたね。

DSC01017.jpg
ウェルカムハウスの前は池になっていて、(写真の真ん中あたりが池です。)なんとメダカが放流されてました。メダカって絶滅の危機にあるんですよね。

DSC01018.jpg
瀬戸ゲート付近です。このあたりから、燃料電池バスに乗ることもできました。

nice!(0)  コメント(2) 

瀬戸日本館2

DSC00510.jpg
続いて、瀬戸日本館です。
瀬戸日本館の群読を見終えると、4階から退場します。するとそこにあったのが光と風の庭です。
写真は、そこにあった色とりどりの風車です。

DSC00511.jpg
風車 ズーム ア〜〜ップ 

DSC00512.jpg
それぞれ、動物の型になってますよ。
nice!(0)  コメント(0) 

瀬戸日本館

DSC00502.jpg
瀬戸日本館です。6月26日訪問時です。
写真は、瀬戸日本館の屋上ですね。瀬戸日本館は、1階から入場して屋上から退場するスタイルでした。
群読 叙事詩劇 「一粒の種~響きあう知恵の記憶、わたしがはじまる。」が瀬戸日本館のメインでしたね。けっこう劇団の人たちの演技は、迫力がありましたよ。

DSC00505.jpg
瀬戸日本館の入り口付近です。並んでる人はちょっと少ないですね。瀬戸日本館は、整理券をゲットして入場するスタイルでした。整理券をゲットして、待ち時間の間に、瀬戸愛知県館に入場するというのが瀬戸会場の効率的な廻り方でしたね。

DSC00506.jpg
瀬戸日本館に並んで入場待ちしているところです。正面に見えるのは、瀬戸愛知県館の出口ですね。
nice!(0)  コメント(2) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。